重要なポイント

時間と組み合わせがポイント

酵素ダイエットのコツを説明したいと思います。

まずは朝食ですが、ここでは果物で酵素を摂取しましょう。朝は時間がない人でも、カットするだけで食べられる果物なら取り入れやすいと思います。そして夕食は、野菜を基本とした副菜を一品足せば酵素を摂取することができます。

酵素は熱に弱いため、加熱調理をすると48℃の時点で死滅してしまいます。酵素を取り入れるためにはなるべく生で、小鉢などにして食べると効率がいいです。

まずこの小鉢から食べ始めることで、血糖値の上昇を抑えることができてダイエットにも一石二鳥です。酵素を食事に取り入れれば消化を助けてくれるのはもちろん、食べる量を自然と減らしてくれる働きがあります。

また酵素ダイエットには生の油、特に脂肪分解酵素が含まれるシソ油やエゴマ油、亜麻仁油(フラックスオイル)などが適しています。これらをうまく食事に取り入れてみましょう。

そして女性に嬉しい効果が多いと言われている大豆製品ですが、こちらには酵素は含まれていない代わりに良質のタンパク質が多く含まれています。

良質なタンパク質は分解されるのが早いので、大豆製品からタンパク質を摂るようにすれば、結果として消化酵素を効率よく使うことができます。酵素の無駄遣いを防ぐことができるので、こちらもぜひ食べておきたい食品です。

酵素をあまり無駄遣いしていると、脂肪の分解が滞るようになります。そうするとダイエットはできませんので、まずは体内にたくさんの消化酵素を
用意することが大切なのです。

酵素を摂取することで脂肪の燃焼が助けられ、ダイエットを促進することができます。

 

サイトマップ

FX取引で儲ける