短期間 痩せる

短期間で痩せたい場合、痩せるメカニズムと、私達の身体の仕組みを理解することが、まず大切です。単純に言えば痩せる原理は、摂取するカロリー量を減らし、消費するエネルギー量を増やすだけです。

日々摂取して得られるカロリー量が少ないほど、体内の脂肪はエネルギーに転化します。

以上のことから、短期間で成果を出したい場合のダイエット方法は、摂取カロリーを抑えていくということになります。

しかし私たちの体は、食事量が減った際、飢餓に備えるようなメカニズムがあり、生命を維持するよう食べ物をより吸収しようとします。そのメカニズムが「リバウンド」です。


減食で体重が減ってダイエットが成功しても、その後のリバウンド繰り返していると、かえって痩せにくい体質になってしまいます。

通常の食事をしながら痩せるためには、生活していくために必要なエネルギー量をきちんと食事から摂り、リバウンドしないために十分な栄養素やビタミン類なども一緒に摂ることが大事になります。

その際の食事は、できるだけ脂質や糖質を控えた食事内容にし、たんぱく質を意識して多めに摂りましょう。気を付けていただきたいのは、主食(ごはん、できれば玄米がベスト)をなるべく抜かないことです。

糖質は人間が活動する際に必要不可欠なエネルギー源です。すぐに吸収されるような、精製されたパンや麺類、もちなどを選ばなければ大丈夫です。中でも、お菓子類や果物の糖質は吸収が早く、どうしても食べる時は量を抑え目にしましょう。

減量によって短期間で痩せる際のポイントは、食事の際の総カロリーを減らし、その分植物性や動物性たんぱく質をまんべんなく摂ること、脂質やすぐに吸収する糖質を控えること、健康を維持していくれるビタミン・ミネラルなどの栄養素を補給することです。

 

サイトマップ

FX取引で儲ける